パターン別メールの話題の探し方

丸川
丸川

出会い系のメッセージのやり取りって何を話題にしたら良いんですか?

進藤
進藤

ん?ずいぶん漠然とした質問だね。具体的にどういう場面のメッセージ?

丸川
丸川

メッセージの返事がきても次何を話題に送ったら良いのかわからないんです。だって知らない人なわけだし話の取っ掛かりがないと言うか…

進藤
進藤

あー、なるほどそういうことね。じゃあ、今回は2通目以降のメッセージの続け方を講義しようかな。

メッセージ交換する目的

当たり前じゃんと言われそうだけど、確認のためになぜメッセージを送り合うのかを整理しておこう。

会うため

メッセージを返信してさらに続けたいってことは、メッセージを送ってきた女性とリアルに出会いたいからだよね。

プロフ検索などで女性を見つけてメールを送った女性から返事が来た場合と、女性が自発的こちらにメールを送ってくる場合の2種類があるけど、どちらにしてもメールを返すのはリアルに会うための布石ってことだね。

丸川
丸川

それはそうなんですけど、当たり前すぎやしませんか?

進藤
進藤

じゃあ、聞くけどその女性と会いたいの?さらに言うとその女性は会えそうなの?

丸川
丸川

そんなのメールが一往復したかしないかの段階でわかるはずないじゃないですか

進藤
進藤

いやわかるでしょ、例えばその女性は丸川くんの守備範囲の年齢なの?それに女性のプロフィールから会えそうかどうかもある程度わかるでしょ。

丸川
丸川

そりゃそうでしょうけど…

進藤
進藤

やっぱりね。何を書いたらいいかわからないと言いながら君は女性のプロフィールさえよく読んでないじゃないか!

出会い系の男性会員は女性からメールが届くと「返事を書かなきゃ!!」と言う衝動にかられてしまう人が多いけど、まずは本当にその女性と会いたいのか、その女性は会えそうな女性なのかを吟味しないとダメだよ。

そして時には会えそうもな人だったらお断りのメッセージを返すとか、メールを切り上げる勇気も必要だよ。

返信するのは会いたいかつ会えそうな女性だけに絞る

LINE交換をするため

女性とサイト内メッセージを交換をするのは、いずれLINEなどのサイト外の手段を使って連絡できるようにするためだよね。

無料でメールを送れるならいつまでもサイト内メールで良いんだけど出会い系のメールは1回で50~70円かかるから、経済的にもLINE交換は早いほうが良いよね。

丸川
丸川

これは納得です!出会い系のメールだけだとお金かかってしょうがないですからね。

進藤
進藤

だよね。出会い系のメッセージってLINEみたいなチャット形式だから、気づいたら結構ポイントを使っちゃてるなんてこともあるしね。

さて、ここでLINE交換という目標が定まったね。

LINEなどのIDを交換するのが第一目標
進藤
進藤

あっ、そうそう!出会い系の外で連絡取れれば良いわけだから、特にLINEにこだわる必要ないからね。カカオトークでもスカイプでもいいよ。

メールの話題の見つけ方

ここまでで出会えそうな女性とIDやアドレスを交換するためにメールをすると整理できたね。

以上を踏まえて「話題の見つけ方を解説するよ」と行きたいところだけど、まずはだめな例を解説するね。

ダメです!絶対にダメ!

いくら会いたくてLINEを交換したくても、2通目や3通目のメールで、「会えるの?」と聞いたり、「いつ会える?」と言ったり、「LINEしよう」なんてメッセージは絶対に送っちゃダメだよ。

女性からしてみたら「会うって決まったわけじゃないのに…」、「この人もすぐLINEしたがる人か…」ってなっちゃうからね。優しい女性ならそれを諭してくれるかもしれないけど、出会い系では「めんどくせっ!」ってなってメッセージが途絶える原因にもなるから絶対にダメだよ!

進藤
進藤

そんなにがっつくと女性に引かれるし、いくら会える女性でもすぐには応じてくれないこと確実だからね。LINE交換のタイミングはこちらの講義を参考にしてね 女性の「LINEにしようよ」サインを見逃すな!

  • 会いたい
  • いつ会えるの?
  • LINEしよう

メール返信4パターン

女性からメールが届くのは4パターンあるよね。

  • 書き込み見た女性がメール送ってきた
  • プロフを見た女性がメールを送ってきた
  • 女性の書き込みにメールを送って返信が届いた
  • 女性のプロフからメールを送って返信が届いた

のそれぞれにこちらが返信するわけだ。

当然パターンによって返信の仕方や話題の見つけ方も違うから分けて解説するよ。

書き込み見た女性がメール送ってきたパターン

掲示板の書き込みに女性が反応してきたわけだから、このパターンだったら話題を見つける必要はないよね。

掲示板の書き込み内容にもよるけど

  • なぜ興味を持ったのか
  • 何をしたい(食べたい)のか

などから話を膨らませていけばいいだけだよ。

進藤
進藤

書き込みという共通の話題が既にあるから楽だよね

プロフを見た女性がメールを送ってきたパターン

俺なんかはあんまりないけどイケメンだったら女性からメールが届くこともあるよね。

この場合でも女性が既に興味を持っているからメールを送ってきたわけで、最初のメールで好意らしきものも示してくれている場合がほとんどだよね。

それにあわせて

  • なぜ自分に興味を持ったのか
  • なぜ返信する気が起きたのか

あたりから話を膨らませていけばLINE交換はわりとはやくできるよ

進藤
進藤

ここまでは女性から話しかけてきているから楽なパターンだよね。それにしてもイケメンは良いよなあ。

丸川
丸川

ですねぇ、羨ましいですよ。

進藤
進藤

あっ!でも、女性からのメールは業者のこともあるからプロフィールできっちりと判断しないとダメだよ。

サクラや援デリ業者のプロフィールを見分ける4つのポイント
進藤 前回の講義では掲示板にいる業者の見分け方だったけど、今回の講義はプロフィールで業者を見抜く方...

女性の書き込みにメールを送って返信が届いたパターン

何らかの募集に反応してメールを送って返信が来たわけだから、これも書き込みという共通の話題があるからまだ楽だよね。

書き込みと1通目のメールの内容にもよるけど

  • 掲示板の書き込み内容を話題にする
  • 興味を持った理由を掘り下げる

などからメールを弾ませればOKだよ。

進藤
進藤

あとは掲示板の募集を実現する方向へ話を持っていけば簡単に会えるよ。

女性のプロフからメールを送って返信が届いたパターン

問題はこのパターンで、一応返事が来たってことは自分に多少興味を持たれているとは言え話題は見つけにくいよね。

1通目のメールで何を書いたのかにもよるけど、基本は女性のプロフィールから話題を拾うのが基本になるよ。それにメッセージをこちらから送ったわけだからメッセージを送る動機があったわけで、それはプロフを見て動機が起こったんじゃないかな?

進藤
進藤

と言うか、まだメールが一往復しかしてないわけだからプロフィールに頼るしかないよ。

丸川
丸川

プロフィールが白紙だったらどうしたら?

進藤
進藤

いや、それはないだろう。丸川くんはプロフが白紙の女性にメールを送るのかい?

丸川
丸川

あっ!そうか、、、バカなこと聞きました…

女性のプロフから話題を拾うには

これだけじゃ不親切な気がするから、もう少し解説を続けるよ。

女性が興味を持って欲しいと考えていることを見つける

どの出会い系サイトのプロフィールにも自己紹介(自己PR)があるよね。自由に書くことができるプロフィール唯一の場所だから自己PRは話題の宝庫だよ。

自己PRには

  • 出会い系を利用する動機(目的)
  • 好きなこと(趣味、映画、活動)
  • 日常的なこと(休みの日の過ごし方、よく遊びに行く場所)

などが書かれていることが多いよね。

なぜ書いてあるかというと、その女性が自分のここに興味を持って欲しいと思っているから書いてあるんだよ。女性が興味を持って欲しいことが書かれているんだから、自己PRに書いてあることを話題にすれば好感度も上がるし、話題も広がりやすくなるよ。

自己紹介で女性は興味を持って欲しい部分をアピールしている。

プロフ写真も話題の宝庫

ここで言うプロフ写真は1枚目の写真だけじゃないよ、2枚目3枚目の写真こそ話題の宝庫だから女性が複数の写真を載せていたら必ずチェックしてね。

丸川
丸川

写真見るとポイント消費しますよね…

進藤
進藤

そりゃそうだけど、ファーストメールを送るときに全部見てたら結構な消費になるけど、メールをくれた女性の写真だけ見るだけだからそれほどでもないはずだよ。いつも言ってるけど出会い系で些細な出費をケチっちゃダメだよ!

2枚目、3枚目の写真には

  • 旅行の写真
  • ペットの写真
  • 遊びに行った時の写真

など話題にしやすい写真が載っていることが多いから、ここから話題を広げていくのがいいよ。

旅行とか遊びに行った時の写真は背景にもヒントが有ることが多いからよく観察してね。それとペットの話題は個人情報にあまり踏み込まずに話を弾ませることができる鉄板アイテムだから、ペットの写真がプロフに載っていたら絶対に活用したほうがいいよ!

 

この講義のまとめ

メールの話題を見つけるには

  • 自己PRを熟読
  • プロフ写真を全部見る
進藤
進藤

その女性に興味をもつことが大切だよ! 興味がわかないような女性へはメールを送らない勇気もね!